PPR 砥石

超硬チップ・セラミックチップ刃先研磨用砥石

特 長

PPR砥石は、粗研磨から仕上研磨まで幅広く利用できる砥石です。従来の弾性砥石にはない様々な研磨用途に対応が可能で、主に超硬チップ及びセラミックチップの糸面取り用の砥石として開発されました。またこのPPR砥石は、ブラシによる研磨と比較して、高い研磨能率を実現するとともに、研磨コストの削減に貢献します。
さらに、砥粒の粒度や弾性係数を変えることにより、様々なワーク寸法及び要求面粗度に対応が可能です。

代表的な用途

  • 超硬チップ、セラミックチップの糸面取り

使用上の注意

  • 2枚を1セットとしたダブルディスクタイプでのご使用を推奨します。
  • ワーク寸法により、1チャージあたり30〜50個のワークをセットして研磨できます。
  • 研磨対象としましては、銅、チタン、ステンレス、アルミ、銅合金、ガラス、木材などにも幅広く適応します。
  • 乾式でご使用ください。

適合鋼材

  • 超硬チップ
  • セラミックチップ

製作可能範囲

  • 砥材:C、GC、WA
  • 粒度:#60〜#320
  • 硬度:65〜90(ゴム硬度計)
  • 寸法:外径(D)50〜305mm、厚さ(T)10〜50mm

使用テストの条件

  • 研磨方式:縦軸のWディスク方式(砥石寸法300φ)乾式研磨
  • ワーク:1チャージ当たり45個のアルミナ系セラミックチップをセット
  • 使用テストの結果

砥石粒度 ワーク1個当りの ワーク面相度(μm)
加工時間 砥石磨耗量 Ra Rmax Rz
#80 0.78 秒 0.005 mm 023 2.63 1.89
#100 1.61 秒 0.003 mm 015 1.68 1.26

下記ボタンをクリックで、このページのカタログをPDFでダウンロードできます。